menu
阿波銘木 公式ブログ

有限会社 阿波銘木 公式ブログ

HBC北海道放送”今日ドキッ!”ライブ中継有難うございました。

臼と杵の製造をしております阿波銘木です(^-^)/。

2017年もどんどん過ぎていきますが、本日12月5日はHBC北海道放送”今日ドキッ!”番組にてライブ中継がありました。

イタヤ材原木の荒削りから旋盤上の臼杵加工、商品の笑うっす!、そうしてラストは餅搗きで美味しく終了いたしました。

登別には珍しく雪の朝を迎えましたが、日中は太陽に恵まれ穏やかなリハーサルだったのですが、

いざ本番スタート時には16時とあって冷たい空気が突き刺さる中の中継となりました。

スタッフのみなさま、お疲れ様でした。有難うございます<(_ _)>。

餅搗きに協力をしていただきました登別温泉老舗旅館”滝乃家(たきのや)別館玉の湯”の畑中様、有難うございました。

今後ともよろしくお願い致します(*^-')b。

そうして番組進行役、渡辺陽子リポーター、有難うございました<(_ _)>。

私ども阿波銘木は北海道唯一の特大餅臼製造業(らしいです)としてお客様の要望に答えられますよう原木の研究を重ねながら

先代、大住盛智の技術を継承して参ります。

みなさま、ほんとうに有難うございます。

これからもよろしくお願い申し上げます。

 番組収録のため、今日ドキッ!ロゴ入り臼を作成しました。

美味しいお米で有名は風連町の”よねざわ農園”様 有難うございました!

 

 

category : メディア author : 大住 美春

2017 餅臼・杵、第2次ピーク。

阿波銘木の大住です。

2017年11月ももうすぐ終わりなのですね、なんとかブログを更新しております。

今年は例年になく餅臼の動きが早く9月から10月にかけて第一次ピークが始まり、現在第2次ピークを迎えています。

餅臼ご注文の大半はロゴや文字入れでして、それが当社の売りでもありますのでお客様に喜んでいただければそれが本望です。

年々難しいロゴの注文が増えておりまして、グラフィックを駆使し写真やイラストからロゴをデーター化しカッティングシートで作成し、

湾曲いている臼に貼り付ける技もすっかり身につきました(汗。

私くし、大住がデーター作成、せっせとカッティングシートを貼っております。

 ”おやじの会”の皆様、いつも有難うございます<(_ _)>

そんなこんなで早期に杵も出荷が続き足りなくなってしまったため、急所、引退された旋盤職人の斎藤さんに応援していただき来年用に積んであった荒削りの杵を削っていただいております。

やっぱり早いわ!!

11月に入り、毎年恒例ですが報道機関のみなさまの取材を受け、ニュースで取り上げていただいたり新聞各社にも取り上げていただきました。 

ほんとうに有難うございます<(_ _)>

 

 本日はNHKの取材にて夕方胆振地方版にて放映、明日29日は全道版にて18時10分頃より放映の予定です。

有難うございます<(_ _)>。

年末に向かってますます張り切って行きまっせぃ!

 

 

 

category : 近況 author : 大住 美春

臼製造最盛期!

阿波銘木の大住です。

いよいよ大臼の製造が始まりました。

これから加工する臼は来年以降の出荷になります。

臼(丸太)は削ったままではまだ水を含んでいるため乾燥をしてからの出荷になるからです。

今年出荷の臼はしっかりと倉庫に並んでいます(^-^)。

ここ2.3年は直径50cmクラスの臼に人気が集中していまして、太い丸太の仕入れに結構悪戦苦闘しています。

餅つきは外国の旅行客さんに大変人気があるそうで観光地への出荷が多くなりました。

今月中には今年最後の丸太の仕入れに山へ行ってきます。今月と言っても10月もあと2日(^◇^;) 汗。

なんとしても太い丸太を見つけて来るぞ (・◇・)ゞラジャ!

 

 

 

搗き立て食べたい 阿波銘木の餅臼

 

 

category : 近況 author : 大住 美春
tag : 

 

 

餅臼

 

うす

 

きね

 

年末

 

お正月

 

鏡餅

 

餅つき

 

2017 中秋の名月 お団子つくるの忘れたの

2017年 10月 4日  中秋の名月  

 

 

臼と杵の阿波銘木でした(^-^)/。

 

 

category : 近況 author : 大住 美春

臼と杵の阿波銘木です。年末に向かって動き出しました!

臼と杵の阿波銘木です(^-^)/。

気がつくと9月も半分を過ぎ、ネットではおせち料理の予約も始まっているんですね(^◇^;) 。

臼と杵もいよいよ本格的な始動開始です。

杵もズラリと準備万端!

こちらは軽くて背の低いミニ臼群 (*^^*) ↓

大きい臼もご覧の通り o(^0^*)o ↓

ご注文をおまちしております (o^-')b  

  

 

臼と杵 阿波銘木でした(^-^)/ 

  

 

category : 近況 author : 大住美春

臼製造の阿波銘木です。今日はさすがに冷たいお餅!

登別の阿波銘木です(^-^)/。

今年は、沖縄よりも暑い夏を迎えております。

搗きたてのお餅も美味しいけれど、冷たいお餅にして下さい ハアハア(^◇^;)。

 

有難うございました<(_ _)>

 

 

category : 近況 author : 大住美春

祝 結婚 笑うっす! (餅臼 餅つき)

餅臼製造の阿波銘木です(^-^)/。

「やっちまったな~~」の餅つき芸風でお馴染みのクールポコさん。

15日に、せんちゃんこと、仙庭さんがご結婚されましたね。おめでとうございますo(^^o)(o^^)o。

すごく可愛いお嫁さんにびっくりしちゃいました♡。

思わず作っちゃいました”祝 結婚 笑うっす!

いつまでもラブラブでね!!

 

 

 

category : 商品紹介 author : 大住美春
tag : 

餅臼

 

餅つき

 

笑うっす

 

 

フレ~フレ~、応援しますっ、チアうっす編。

餅臼製造の阿波銘木です(^-^)/。

6月に入り、登別や隣町の室蘭では、毎週花火が上がります。ポ~~~ン!

運動会の合図です。

笑うっす!もポンポンを持って応援しまっせ(・◇・)ゞラジャ!。

                フレ~~フレ~~ チアうっす!

 

有難うございました<(_ _)>

category : 商品紹介 author : 大住美春

阿波銘木です。最近、本箱に加わった2冊。

 

最近 本箱に加わった書籍

内容紹介

パナソニックグループを創りあげた松下幸之助がその私財70億円を投じてはじめられた
松下政経塾。
この塾はその後政財界に多くのリーダーを輩出してきた。それから30年が経ち、
いまの日本は「百年に一度」の危機に瀕している。それは実体経済面だけの話ではない。
企業人、政治家・官僚が精神の危機に陥っているという点では、
まさしく未曾有の危機なのかもしれない。2008年後半からの景気悪化にともない、
給与・賞与削減、人員削減といったリストラ策を決断せざるを得ない状況のなかで
「リーダー不在」が叫ばれる日本。リーダーたるものまたリーダーを目指す人は
日々なにを心がけておくべきか。

本書では、松下が当時の塾生たちにその思いを切々と伝えつづけた未公開テープ約百時間を
中心にしつつ、政経塾の人間教育をベースにして構成されたものである。
物事の本質を見極め衆知を集めつつ道を切りひらいていく人材となるために
大切なことが凝縮された一冊。

 

 

 

内容紹介

危機から転じて成長へ――どうすれば危機の突破口を見いだし、
今の状態を脱け出して大きな「飛躍」を得ることができるのか。
危機に陥らないよう経営をし、それでも生じた幾多の危機をも乗りこえてきた
経営者・松下幸之助。事業経営に命を懸けて一生涯取り組んだ人間ならではの
熱き思いと深き思索が、経営者たちの真摯な質問に対峙することで、見事に発露する。
本書は、経営者・経営幹部そしてこれから「社長になる」つまり次代のリーダーに
資するところがある思われる発言を膨大な記録の中から42項目に厳選し、
熱意・覚悟・信念・素直・信頼・飛躍の計6章構成にしたものである。
不況克服が出来ないまま、ますます熾烈な闘いを強いられている企業経営において、
いま絶対に必要とされるものはなにか――松下が自らの体験をもとに
厳しくも温かい言葉を投げかける。
 
 
category : 近況 author : 大住美春

餅臼製造の阿波銘木です。2017.5.5 こどもたちの成長を願って!

臼と表札の阿波銘木です(^-^)/。

5月5日 こどもの日。そこで、柏餅とちまきの由来を簡単に。

 

*カシワの葉を用いた柏餅は、徳川九代将軍家重から十代将軍家治の頃、江戸で生まれたそうです。カシワの葉は新芽が育つまでは古い葉が落ちない、ということから「子孫繁栄(家系が途切れない)」という縁起をかついだことが始まりのようです。

臼と杵にも、臼を女性、杵を男性に見立てた「子孫繁栄」という謂れがありますね。

 

*ちまきは、中国の故事が由来。政治家で詩人の掘原(くつげん)は、人々から大変慕われ、その正義感から国王の側近として仕えていましたが、陰謀によって失脚し、国を追われ自ら死を選んでしまいました。その日が5月5日。国民はその死を悲しみ、川に沈んだ屈源が魚に食べられないよう魚を追い払ったり、供物を投げ入れて弔いをしていましたが、川に捧げた供物も、屈原のもとに届く前に龍に盗まれます。そこで、龍が苦手にしている楝樹(れんじゅ)茅(ちがや)笹(ささ)などの葉でもち米を包み、邪気を払う五色(赤・青・黄・白・黒)の糸で縛ってから川へ流すようにしたところ、無事に屈原のもとへ届くようになったそうです。中国では5月5日にちまきを作って邪気を払う風習ができ、それが端午の節句となってちまきとともに日本に伝来しました。また、ちまきに結んだ赤・青・黄・白・黒の五色の糸は、子供が無事に育つようにとの魔よけの意味を込め、鯉のぼりの吹流しの色に反映されているそうです。

日本では、1948年に制定され、祝日法2条によれば「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨である。と記されています。

 

*参考 Wikipedia / 暮らしの歳時記ガイド

  •  

     

    category : 商品紹介 author : 大住美春

    臼製造。大きな臼と飾り用臼の製造工程、画像比較編。

    臼と表札の阿波銘木です(^-^)/。

    本日は、昔ながらの”大きな臼”と、飾り用の”ちっちゃい臼”の製造工程を比較紹介いたします。 

    3升用 臼 と 飾り用 臼 ↓ 並べてみると こんなに違います^^ 

     手前の旋盤には、3升用の大きな丸太が乗っています。

    奥の旋盤では、飾り用の小さな臼の加工が始まっています

    いよいよ 大きい丸太も削りだしました。奥のほうでは小さな臼・・・

    出来上がってきました、どこから見ても大きな臼  o(^0^*)o

    ↓ 説明しないとわかりませんね  飾り用の小さな臼です(^◇^;) 汗

    小さくたって旋盤で作成するんです  ( ̄^ ̄) エッヘン

     こちらはキネ。大きいキネの場合↓  力いっぱい 柄 を入れます。トリャ~っ、ゴ~~ン!

     飾り用のキネの場合  ↓ チマチマ.... (^◇^;) 

    向こうが普通のキネ、手前が飾り用のキネ...  やっぱりチマチマ...

     目を付けたら 笑うっす! 有難うございました (^-^)/

     

     

      

    category : 商品紹介 author : 大住美春

    臼と杵、製造開始!阿波銘木、4月の風景。

    登別の阿波銘木です(^-^)/。当社の4月の風景です。

    3月に仕入れをした原木を~

    杵やら臼やらに木取りをして

    切った材料を工場へ入れて。 これは杵の柄になりますね。

    臼になる部分も工場へ運び込み

    切った小口はすぐにヒビが入るのでボンドをたっぷり塗っておきます。

    製材したものはどんどん自然乾燥に入るため当社の軒先はこんな感じ。国道36号線からこの様子が覗えます。

    第2工場では臼削り(朝日新聞さんの綺麗な動画)も始まっています。

    有難うございました(^-^)/。

     

    category : 近況 author : 大住美春
    tag : 

    餅臼

     

    製材

     

    自然乾燥

     

    木取り

     

    4月

     

    阿波銘木です。本年もよろしくお願い致します

    登別の阿波銘木です。

    昨年中は本当に有難うございました。

    本年もよろしくお願いいたします。

    2017 元旦

     

    category : 近況 author : 大住美春

    臼は臼でも笑うっす!クリスマスバージョン♡

    阿波銘木の大住です。

    色々なアクリル紐やテープ、ポンポンを利用してオリジナルな笑うっす!を作ってね。

    ★:゚*☆※> Merry*Christmas <※☆:゚*★

    (^-^)/

     

    category : 商品紹介 author : 大住美春

    登別市ふるさと納税返礼品になりました。飾り用笑うっす!

    登別の阿波銘木です。

    2016年本年度より、”飾り用笑うっす!”が、登別市ふるさと納税返礼品になりました。

    よろしくお願いいたしまうっす<(_ _)>

    ふるさと納税額No,1サイト ふるさとチョイスはこちらから

    ふるさと納税 登別市返礼品 飾り用笑うっす!はこちらから

     

     

     

     

    category : 商品紹介 author : 大住美春

    白鳥と鮭とピーちゃん!

    阿波銘木の大住です。

     

    当社の工場事務所は海岸から200メートルほどの河口にあって、裏には鷲別川が流れています。登別と言っても、ほぼ室蘭との境界なので、室蘭と言ったほうがイメージが掴みやすい場所でもあります。

     その工場の裏の鷲別川に今年も白鳥がやってきました!

    おいで おいで~~~ 

    灰色の白鳥は子どもですね。今年は4羽連れてきました^^。

     くるりと輪になって(^-^) 可愛いすぎます(゚ーÅ) ホロリ。

    そして、白鳥の足元にはもっとびっくりな光景が!

    鮭が遡上しているんです。河に迷って群れで登ってきたのですね。

    とてもがんばって来たのでしょう、体の色がすっかり変わっています。

    ステキな恋人を見つけて子孫をたくさん産んで下さい。

     

    工場の前の栃の木には、餌付けしているスズメたちが夕日の中で待っています。

    暗くなる前にご飯をたくさん食べて行ってね!

     

    阿波銘木の現場からお伝えいたしました<(_ _)>

     

     

     

    category : 近況 author : 大住美春
    tag : 

    白鳥

     

     

    阿波銘木

     

    餅臼

     

     

    登別

     

    STVどさんこワイド『けさの現場』

    阿波銘木の大住です。

    12月7日、氷点下4度の朝を迎えた登別ですが、

    朝一番、STVどさんこワイド「朝の現場」の番組で生中継を致しました。

    スタッフのみなさん、有難うございました!。

    阿波銘木の現場からお伝えいたしました(^ワ^)

     

    category : メディア author : 大住美春

    花盛りが過ぎ、臼盛り!

    阿波銘木の大住です(^-^)/。

     

    10月に入り、工場は、いよいよ臼たちで賑わっています。

    一旦、倉庫で乾燥に入っていた臼たちは、次々と工場に戻り、最終仕上げに入っています。

    埃や汚れを磨き、ヒビは修理し、最後の割れ止めを塗って、出荷を待ちます。

    10月11日、今日の登別の、朝の気温は8度(*゚ロ゚*)。

    道端の花たちが終わりを告げると、阿波銘木では臼真っ盛り!となります^^。

    category : 近況 author : 大住美春

    餅うす 規格外B級品 販売開始!

    阿波銘木の大住です。

    8月は北海道に2つの台風が直撃し、大雨で当社の倉庫一棟が雨漏り、急遽、屋根を張替えるという思いがけない出費がありました(T◇T)。

     

    雨が止んで、てる坊は一休み。

     

    さて、今まで当社では、お持ち帰りのお客様を対象に、規格外B級品を販売しておりましたが、

    お問い合わせも多いことから、すべてのお客様を対象に販売を開始いたしました。

    規格外品は、規格から外れた商品、たとえば、樹皮やシミが残っていて見劣りのするもの

    割れやヒビの修理手直しが多いもの

    などが対象となり、値段もお安く提供いたしております。

    割れやヒビは完全修理済みですので、餅うすとしてはまったく問題はありません。

    倉庫で何年も眠っていた素材を使用するため、返って乾燥がしっかりしており、臼としては強さを持っているのも規格外品の特徴です。

    回転の速い商品ですので、品切れの際はご容赦ください。

    商品の詳細はHP内にてご確認いただけます。

     

     

     

     

     

    category : 商品紹介 author : 大住美春

    餅米「風の子もち」北海道八雲町のおいしいお米でお餅搗き!

    阿波銘木の大住です (^-^)

    8月3日、北海道八雲町の”JA新はこだて八雲気基幹支店”様へ餅臼を納品致しました。

    ドド~~~ン  (゚・゚* ホレボレ

                   

    大きな餅臼は、それだけで貫禄ですが、文字を入れると、その迫力に圧倒されますね。

     

     

    文字を貼りながら惚れ惚れしてしまいましたので、JA新はこだて八雲店様にお願いをしてブログで紹介させていただきました。

    有難うございます。

     

    こちらの餅臼は、八雲町で生産されております、白さと程よいコシのある餅米風の子もちのPR活動に活躍するそうです。

    JA新はこだて青年部「八雲餅つき隊」の皆様が、イベントなどへ出向き【風の子もち】の美味しいお餅を搗いてくれるそうですよ!

    楽しみですね^^。ぜひ、登別にもいらしてください<(_ _)>。

    関連して申しますと、北海道渡島檜山地域で唯一「もち米」を生産している八雲町をPRするために生まれた「もち米の精霊」様がいらっしゃいます。

     

    ゆるきゃらじゃないですよ。やくもっちぃ という名の精霊です(o^-')b 。

     

     

    category : 商品紹介 author : 大住美春

    臼の修理 欅(けやき)材です。

    阿波銘木の大住です。

     

    1ケ月前ほど、欅の臼 6基の修理依頼がありました。

    他で一旦修理をしたものの、詰め物が浮き上がり水漏れも直らず、当社に辿り着いたということです。↓

    拡大すると、白い詰め木が浮き上がり、ヒビも全体に広がっています。

    下の図は一見修理をされているように見えますが・・・・

    拡大すると、ボンドが浮き上がりヒビが開いています。

    木工用の白ボンドでは臼の修理は無理なのです。

    そこで阿波銘木の登場です(^-^)ノ゙。

    水を使用する臼は大きく呼吸します。つまり膨張と乾燥の繰り返しですので詰め物は弾き出され、お餅にくっつき、場合によっては食べてしまいます(¨;)。上の図を見て下さい。当社の修理はとても丁寧で綺麗です。ヒビ1本1本の回りを養生し、ビビの根本まで完全に塞ぎます。それは、見えないアリの巣を退治することにも似ています。

    本州では欅の臼が多いようですが、どの材質でも管理次第で寿命が縮んでしまいます( ┯_┯)。

    また、修理は出来るだけ手を掛けない状態で持ち込んで下さい。最初の図のように詰め物や白ボンドなどを使用されますと、それをすべて取り除き、最初からやり直す手間がかかり、修理代も高くなってしまうのです。

     

    さて、欅の臼たちもやっと美しく仕上がりました。

    なんだか急にお餅が食べたくなっちゃった(*^.^*)!!

     

    category : 修理 author : 専務の大住美春

    いわない高原ホテル様

    今月6日は土曜日とあって、当社は休業日でしたが、

    いわない高原ホテル様より、至急餅臼購入の電話が入りました。

    なんでも8日に外国人団体様の宿泊が入り、餅搗きをさせてあげたい と言うことで、

    高速を2時間30分ほど飛ばし来社され、餅臼と杵を購入されて行きました。

    当社も急遽、従業員出社、いわない高原ホテル様のロゴとお名前も急ぎ作成。

    有難うございました。

                                

    9日には、写真と新聞記事を送っていただきましたので、紹介させていただきます。

    中国の宿泊客様が餅搗きをしているお写真です^^。

    新聞でも紹介されているように、最近は外国人宿泊客のイベント用にホテルや旅館などからの注文も多くなりました。

    いわない高原ホテル様では、岩内特産物の採れたてアワビの他、地元の旬物を贅沢に取り入れた食事も美味!

    積丹半島・日本海を一望出来るんです。

    http://www.iwanai-h.com/ ← ステキ過ぎます。

    ぜひアワビと温泉目指して遊びに行きます。

    ほんとうに有難うございました!!

     

    category : 商品紹介 author : 専務の大住美春

    頑張れ 笑うっす!

    阿波銘木の大住です。

     

    1月4日、今日から通常業務です。

    年末休みと輸送の関係で、工場で年越した臼たちが

    今日はそれぞれ出荷をして行きました。

     

    12月中は、隙間もないほど臼たちがひしめき合っていたことを思うと

    かなり寂しくもなるのですが、中でも人一倍場所を取っていた特大級の臼は

    明日、福島へと出荷して行きます。

    ドス~~~ン と 100キロ級の貫禄!

     

    後ろの臼たちは径40サイズの2升用ですから、径60サイズの5升用がどんだけデカイかは

    お察しいただけるかと思います。

    径約60㎝ですと、伐採する部位にもよりますが、だいたい80年から100年の大木。感慨深いものがあります。

    写真では手前に写っているせいもありますが、この子は、おっと、この笑うっす!は、100キロ以上ということもあり(たぶん、120キロくらい)、パワーリフトでの移動となります。

    頭の上のダンボールは帽子ではなく、これから梱包をするところです。

    文字部分を和紙で覆い、つぶらな瞳も和紙で覆い ↓

     

     

    行ってらしゃい 元気いっぱい活躍してね

    そして そして ほんとうに有難うございました!!

     

     

    category : 商品紹介 author : 専務の大住美春

    杵造りが始まりました。

    阿波銘木の大住です。

     

    (*゚ロ゚)ハッ  工場にニョキニョキ ? これはいったい!!

     

     

    ホオ材とイタヤ材の切り口に割れ止めを塗ったところです。右側には棒のようなものが積んでありますね^^。

     

     

    杵にヘンシ~~~~ン

     

     

    年末の準備が着々と進んでおります(^-^)/。    

     

    category : 商品紹介 author : 専務の大住美春

    餅臼・杵 管理方法更新

     年末・年始に大活躍をした餅うすたちも、今は物品庫などで保管されていることと思います。

     

    搗き終わった後の管理について、お客様からのご質問が多かった要点などを書き加え、

     

    管理方法のページを更新いたしております。

     

    今一度、目を通されて、末永く大切にご使用くださいますようお願いいたします。

     

     

     

    さて、心弾む春に向かって、餅臼はまだまだ大活躍です^^。

     

    ひな祭り、卒業式、入学式、市町村の春祭り、こどもの日。

     

    喜び事が大好きな餅うすたち!

     

    餅うす製作は、3月中頃まで続きます。

     

    category : 商品紹介 author : 専務の大住美春

    餅つき 餅うす 笑うっす!

     カッティングプロッターでセッセと作成している下記の黒いものは

    何だと思いますか?

    2014年もあと一週間、この時期、大活躍の・・・・!

     

    そうなんです。

    てんやわんやで、足りなくなって、セッセと作成していたのは、

    当社オリジナル『笑うっす!』のかわいい目なんです^^。

    ひとつの臼に4枚必要なので、なくなるのも結構早く、この時期のプロッターは目を専門に動いています。

    上記の商品は、本州のお客様のご注文です。大型便のため年内便には間に合わず、

    来年5日の出荷待ちとなっております。お客様の描いたロゴをスキャン加工し、

    文字も入りました^^。

    使い終わっても飾っておきたいくらいかわいいですね(^-^)。

     

    今年は、12月中旬から注文が殺到しまして、工場はいまだにこんな状態です(^◇^;) 汗・・。

    皆様の餅つきに間に合うよう、社員一同29日まで全力投球いたします!!

    ほんとうに有難うございます!

     

    category : 商品紹介 author : 専務の大住美春

    メディア掲載情報(北海道新聞)

     餅臼・杵を製作しております (有) 阿波銘木です。

     

    11月 2日 室蘭民報社

     

    11月14日 朝日新聞社

     

    11月18日 読売新聞社

     

    その間、北海道文化放送、NHKにてニュース発信。

     

    26日はNHKにて 朝7時45分よりライブ中継です。

     

    報道機関のみなさま、毎年、本当に有難うございます!

     

    本日20日は、北海道新聞朝刊 一面にて記載されました。

     

    札幌写真部記者 大島さん、有難うございました。

     

    http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/575451.html

     

     


    category : メディア author : スタッフ

    くびれが大事!杵

     意味深なタイトルになりましたが、杵の危険性と、安全な杵の構造のお話です。

     

    餅つきは、杵を振り下ろす動作の繰り返しですが、

     

    杵の柄にゆるみがあると、杵先が吹っ飛び、誰がに当たったことなら大変な怪我をしてしまいます。

     

     

    当社のは、振り下ろすほどに、柄が杵先に締まっていくという、危険防止な構造になっています。

    若干わかりづらいかもしれませんが、くびれから上がなだらかに太くなっていきます。

                           ↓

     

     

    こうした加工や工夫により、安全で楽しいお餅つきを提供できるよう、日々心がけております(^-^)/。

     

    category : 商品紹介 author : 専務の大住美春

    もちうすにカビがっ (- -;)

     10月に入り、餅臼周辺が賑やかになってきましたが、餅つきをご予定のみなさま、

    早めのもちうす点検をしてみて下さいね。

     

    先日持ち込まれた臼です。ヒビはそれほど問題はありませんが、カビが深いところまで発生していました。

    カビを放っておくと、木が腐ってしまい、修理をしてもポロポロと木くずがむしれ、突きたてのお餅が、

    木くずだらけになってしまいます。腐れる前にカビを取り除かなければ!

    こちらの臼は、木がしっかりしていましたのでさっそく修理を致しました。

     

                     

     

    まるで上の写真が嘘のようにとてもきれいになりました、ヘンシ~ン☆♪( *^-゚)/⌒☆

    最初に殺菌をして、ここでほぼカビをやっつけてしまいます。

    次に旋盤で2.3㎝ほど彫り削り、気になるヒビも直してしまいます。

    最後にもう一度殺菌をして、ペーパーで仕上げます。

     

    こちらの修理は5日ほどで仕上がり、料金は 37,800円(税込)でした。

     

    みなさまも早めの点検をしてくださいね。

     

    category : 修理 author : 専務の大住美春

    水を張るのはなぜですか?

    専属のWEB担当者を導入したとたん、社長がヘルニア=いわゆる脱腸で緊急入院・手術、という事態になり、アタフタと週末が終わりました。

     

    そんな訳で、丸30年主人と会社を支えてきた・・? 大住美春の初ブログです。

    今後ともよろしくお願い致します。

     

    昨日のブログの中で、WEB担当のK.O君が修理のウスについて軽く触れていますが、

    修理で一番多いのが、1位はやはりヒビ割れです。2位はカビ、腐れです(特に底)。

    この1位と2位は比較的同じ状況の中で発生しています。

     

    真っ先にお客様に質問します。

    「お餅を突く前に、何日くらい臼に水を張っていますか?」

    平均が3日、長くて1週間という回答もありました。

    そこでもう一度質問します。

    「なぜ水(またはお湯)を何日も張るんですか?」

     

    ほとんどの回答はこうです。

    「人に言われたから」「以前からやっていたから」

     

    これが木臼を駄目にする一番の原因です。

     

    丸太は水分を含むと膨張します。

    伸びきって割れたくてムズムズしているところへ

    餅突きが終わって今度は乾燥が始まります。

    乾燥は表面から始まりますが、内部にこもった水分はなかなか乾燥はしません。

     

    この時です。乾燥した表面が、膨張した内側の木に耐えられなくなり

    バリっ!と行くのは!

                 

    大きなヒビですと、修理代が 50,000円ほどかかりますし、

    修理にも大変な手間がかかります。

     

    水(または湯)を張るのは、蒸かした餅米が臼にくっつかない為だけのことです。

    また、杵も同様に蒸かした餅米がくっつかないように、多少、水やお湯でうるかしたりします。

    ですから、水(または湯)を長時間入れておくのではなく、軽く湿らせる程度で十分なのです。

     

    当社HPの”餅臼管理方法 https://awameiboku.com/usu/manual” でも

    説明をしています。

     

    上手に使って、何十年も餅突きを楽しみましょう!!

     

    category : 商品紹介 author : 専務の大住美春
    tag : 

     

    管理

     

    餅つき

     
    カテゴリー
    最新記事
    アーカイブ
    カテゴリー
    最新記事
    アーカイブ
    facebook
    Twitter
    Google+
    TOPへ戻る