menu
阿波銘木 公式ブログ

有限会社 阿波銘木 公式ブログ

laravel5

ご無沙汰しております。

阿波銘木のwebシステム担当です。

最近はたまの週末にちょこちょこやってるくらいですが。。。

 

現在の僕は他の仕事も担当しているため、阿波銘木の大きなシステム開発は出来ていません。

それでもちょこちょこ呼ばれてはマイナーチェンジしてます。

要チェックや(スラムダンク風に)w

 

さて、私事ではありますが、今年はlaravelでの仕事を担当しています。

基本はsymfonyをラップしたものですからsymfonyを使っていた僕からすると

 

「はいはい、なるほどね。」

 

という感じで扱いやすいです。

 

laravel自体が非常に伸びているフレームワークなので僕としても早く触ってみたかったという感じです(詳しくはこちらのグラフを見てください)。

 

PHPのフレームワークは非常に乱立しているので数年後には新しいフレームワークが人気になってるのかなと思います。

 

PHPもversion7が発表されてますしね。

 

本当にこの業界は勉強×2ですね^^;

こんな業界だって知ってたら多分やってないですw

 

北海道は冬に移っている途中です。

寒いです^^;

 

阿波銘木登場!臼、大きな割れ修理完了!

 大晦日まであと80日となりまして、臼のお問い合わせもチラホラと入ってくる季節となりました^^。

 

先日、ヒビと言うにはあまりにも大きく割れた臼が入ってきました。

割れの部分に木切れを入れ、鎹(かすがい)を打ち、箍(たが)で巻いた修理の後が伺えます。

木臼は、水で膨張し、乾燥で縮む、を繰り返しますのでむしろ逆効果でして、鎹も箍もやがて緩みだし、

返って臼を傷つける結果となり寿命を縮めてしまいます。

木臼は丸太です。板を合わせた桶や樽とは修理方法は異なります。

 

              ↑ 箍を巻いても底の部分も割れたままです。

                      ↓ 鎹を打っても割れは塞がりません。

 

そこで、阿波銘木の登場です(^-^)! 

修理方法は、当社独自の製造方法に関わりますので詳しくお伝えできませんが<(_ _)>、

最後にこれ以上割れを進行させないために蝶々のような”ちぎり”を埋め込み完成いたしました。

 

 

割れが大きかったので、縁周りにも”ちぎり”を埋め込んでいます。

 

 

長く大切に使用するためにも、定期的に臼の管理をして下さいね!

もうすぐ、餅臼たちの活躍が始まります^^。

 

category : 修理 author : 専務の大住美春

杵造りが始まりました。

阿波銘木の大住です。

 

(*゚ロ゚)ハッ  工場にニョキニョキ ? これはいったい!!

 

 

ホオ材とイタヤ材の切り口に割れ止めを塗ったところです。右側には棒のようなものが積んでありますね^^。

 

 

杵にヘンシ~~~~ン

 

 

年末の準備が着々と進んでおります(^-^)/。    

 

category : 商品紹介 author : 専務の大住美春

太鼓修復 祭りだ祭りだ!

 

新製品の作成やそれに伴うカタログ作成でブログの更新をすっかり怠っておりました。

阿波銘木の大住です<(_ _)>。

 

先日、お客様より嬉しい楽しい写真が届きました。有難うございます。

お祭りの写真ですが、中央で輝いているのが当社で修復いたしました太鼓でございます^^。

 

 

当初、太鼓の革の貼替えのみのご依頼でしたが、届いた太鼓が  (*゚ロ゚)ハッ!! ↓

 

 

革貼替えと同時に胴も修復しましょう!という提案をいたしまして

ご予算に合わせて修復もさせていただきました。

そして、生まれ変わりました  ↓  ('∇^d) 。

 

 

お天気に恵まれたお祭りでほんとうに良かったですね!

お役に立てて良かったです。

 

有難うございました!!

 

category : 近況 author : 大住美春

いぶり映画「モルエラニの霧の中」

 阿波銘木の大住です。

 

5月4日に、地元室蘭にてクランクインした「モルエラニの霧の中」は、

15分~30分のショートムービー全7話構成のオムニバス作品映画です。

 

監督は、現在室蘭市在住の坪川拓史監督。

「美式天然」で2005年トリノ国際映画祭グランプリと観客賞をダブル受賞され、

長編第2作目「アリア」では、フランスKINOTAYO映画祭最優秀観客賞を受賞されました。

長編第3作「ハーメルン」は昨年公開。

 

そしてこのたびの「モルエラニの霧の中」。

主演は大塚寧々さんと河合龍之介さん。

その撮影に先駆け、4月末に、助監督の熊野さんから

映画の中で使用する小道具のひとつ、看板を依頼されました。

 

古い看板を修復するのは当社の得意とするところなのですが、

依頼されたのはその逆。

30年ほど壁に掛け古したような、年季の入った看板をご希望でした(-"-; 汗・・

多少戸惑いもありましたが、何とか気に入っていただけるものを作成いたしました。

(*看板の板は、熊野さんに、当社の物置から気に入った古めかしい板を探し出していただきました)

    こちらでございます<(_ _)>

  

  

専門の美術さんがもう少し手を加えたら、かなり味が出ると思われます。 

いぶり映画「モルエラニの霧の中」室蘭映画製作応援団 のFacebookの中でも紹介されておりますが、

このたびの第3回目の撮影は14日で終了しております。

 

次回の撮影は何時になるのか、この看板がどう活躍してくれるのか、

かなりウキウキと完成を待ち望む毎日です!

 

私たちも出来る限り協力させていただきます(o^-')b 。

 

「モルエラニの霧の中」の撮影進行状況は、

当ブログでも随時報告させていただきます。

 

category : 近況 author : 専務の大住美春
カテゴリー
最新記事
アーカイブ
カテゴリー
最新記事
アーカイブ
facebook
Twitter
Google+
TOPへ戻る