menu
阿波銘木 公式ブログ

有限会社 阿波銘木 公式ブログ

2015年 レンタル餅臼を通して。

 阿波銘木は本日より1月3日までお休みに入ります。

 

今年もたくさんのお客様に感謝を込めて 有難うございました!

 

レンタル餅臼も本日を持って年内は終了致しました。

 

7年ほど前でしょうか、当社がレンタル餅臼を始めた当初、

ふたりのお子様を連れたお父さんが家族で餅搗きをするために当社のレンタルを利用されました。

翌年も、翌年も、毎年レンタルされるたびに、やはり男のお子様と一緒に来られました。

そして、毎年、毎年、お子様は大きくなり、

いつの間にか、私の身長を抜き(ちなみに私は151㎝(-"-;A ...アセ)、

ついに今年はお父さんを抜き、さらには車の運転をして餅臼を返却に来ました。

 

私   「あれ? お父さんは来なかったの?」

息子さん「はい、餅つきが終わってもう一杯飲んでます」

 

はにかんた笑顔の向こうには、大きく成長した息子さんたちに安心して世代交代を託す

お父さんの優しい笑顔が見えました。

 

レンタル餅臼を通して、身近に垣間見る暖かで穏やかな風景。

 

私どもの仕事が、ほんの少しでもお客様のお役に立てることが出来たとしたら

それが明日への力となります。

 

2015年12月30日、今年もみなさま、ほんとうに有難うございました!

 

 

category : 近況 author : 専務の大住美春
tag : 

ご挨拶

 

 

 

レンタル

 

笑うっす!で検索したら・・

今年も報道各社の皆様に当社餅臼をニュースで取り上げていただきまして

有難うございました。

 

気がつけば12月に入り、臼や杵たちもピークを向かえ、

狭い工場は、出荷品や修理品でごった返しています^^。

 

もうじき新製品の登場とあって(まだ秘密ですよ~~)、

今一度、当社人気No,1の”笑うっす!”で検索をしていましたら、

 

(*゚ロ゚)ハッ!!  笑うっす!

 

 

札幌豊水子ども会の餅つき大会の様子が、札幌市中央区役所ホームページにて紹介されておりました。

有難うございます。

私どもの力強い励みとなります。

 

感謝を込めまして当社のブログ内で紹介させていただきました。

ほんとうに有難うございました!

 

category : 近況 author : 専務の大住美春
tag : 

 

 

笑うっす

 

アクリル板でウルトラマン (o|o)/シュワッチ

阿波銘木の大住です  (V)o¥o(V) フォッフォ、ということで、

 

アクリル板の端切れを使ってレーザー加工機で遊んでみました。

 

 

 

ハート部分は、蓄光シート  

電気を消すと 

 

60Wクラスのレーザー加工機ですと3㎜厚のアクリル板も思いのままに型取りができちゃうんですね。

事務所でひとり、勉強も兼ねて、時々夜な夜なこんなことをしています。

 

category : 近況 author : 専務の大住美春
tag : 

アクリル

 

laravel5

ご無沙汰しております。

阿波銘木のwebシステム担当です。

最近はたまの週末にちょこちょこやってるくらいですが。。。

 

現在の僕は他の仕事も担当しているため、阿波銘木の大きなシステム開発は出来ていません。

それでもちょこちょこ呼ばれてはマイナーチェンジしてます。

要チェックや(スラムダンク風に)w

 

さて、私事ではありますが、今年はlaravelでの仕事を担当しています。

基本はsymfonyをラップしたものですからsymfonyを使っていた僕からすると

 

「はいはい、なるほどね。」

 

という感じで扱いやすいです。

 

laravel自体が非常に伸びているフレームワークなので僕としても早く触ってみたかったという感じです(詳しくはこちらのグラフを見てください)。

 

PHPのフレームワークは非常に乱立しているので数年後には新しいフレームワークが人気になってるのかなと思います。

 

PHPもversion7が発表されてますしね。

 

本当にこの業界は勉強×2ですね^^;

こんな業界だって知ってたら多分やってないですw

 

北海道は冬に移っている途中です。

寒いです^^;

 

阿波銘木登場!臼、大きな割れ修理完了!

 大晦日まであと80日となりまして、臼のお問い合わせもチラホラと入ってくる季節となりました^^。

 

先日、ヒビと言うにはあまりにも大きく割れた臼が入ってきました。

割れの部分に木切れを入れ、鎹(かすがい)を打ち、箍(たが)で巻いた修理の後が伺えます。

木臼は、水で膨張し、乾燥で縮む、を繰り返しますのでむしろ逆効果でして、鎹も箍もやがて緩みだし、

返って臼を傷つける結果となり寿命を縮めてしまいます。

木臼は丸太です。板を合わせた桶や樽とは修理方法は異なります。

 

              ↑ 箍を巻いても底の部分も割れたままです。

                      ↓ 鎹を打っても割れは塞がりません。

 

そこで、阿波銘木の登場です(^-^)! 

修理方法は、当社独自の製造方法に関わりますので詳しくお伝えできませんが<(_ _)>、

最後にこれ以上割れを進行させないために蝶々のような”ちぎり”を埋め込み完成いたしました。

 

 

割れが大きかったので、縁周りにも”ちぎり”を埋め込んでいます。

 

 

長く大切に使用するためにも、定期的に臼の管理をして下さいね!

もうすぐ、餅臼たちの活躍が始まります^^。

 

category : 修理 author : 専務の大住美春
カテゴリー
最新記事
アーカイブ
カテゴリー
最新記事
アーカイブ
facebook
Twitter
Google+
TOPへ戻る