menu
阿波銘木 公式ブログ

有限会社 阿波銘木 公式ブログ

事務所工場 改装工事の記録です。

登別の阿波銘木です(^-^)ノ゙。

創立36年、鷲別町のこの場所に、プレハブの事務所、兼、工場を新築して23年目、

初めて大掛かりな改修工事を行いました。

屋根の葺替えがメインでしたが、足場を組むのでついでに壁のペンキも塗替えてもらいました。

2022年4月5日、ものすごい青空の下、いよいよ始まりです。  

痛みの激しい鉄筋部や塗装の壁面を整えています。

 屋根馳折板Ⅱ型という長い鋼板をクレーンで吊り上げていきます

 作業員さんも多く、屋根の葺替えは2日ほどで終わりました。早っ!

2階事務所にはレーザー彫刻機やカッティングプロッターが設置してあり

作業中の雨の心配をしていましたが、まったく無駄な心配でした。

  屋根の葺替えが終わるとペンキ屋さんに交代です。きれいなグラスグリーンが青空に生えます。

ほんとうはGoogleの4色を使ってGoogleロゴっぽくしたかったのですが(?)みんなに反対されました。

終始天気に恵まれて、ペンキ塗りもスイスイ終わり、4月21日には外注工事が完了しました。

ありがとうございました。

外注作業が終わったところで、次は自分たちの手で修繕。

まずは木製浮彫看板です。

一位材の色はすっかり色褪せ、材質の判別が不可能でしたが、

サンドブラストで彫り直すと、ほぼ新品のように生れ変ります。

こうして木製の看板はペラペラになるまで何度でも再生蘇ります。

そしてこれが当社の技術でもありまする 

木製表札の修復も同じ手順です。

2階への誘導プレートはブリーンアクリル2層版

簡単きれい! レーザー彫刻で作成しました。

 手の届く場所は社員の澤田さんがペンキ担当です。

元々ペンキ職人だったので完璧に仕上げてくれました。

 澤田さんのペンキ塗りが終わると、私にバトンタッチ。

こちらの倉庫の看板はカッティングプロッターで作成。

3Mの白いカッティングシートで少し遊んでみました。

ハート

 仕事の合間をぬってあちこち修復しながら気が付くと8月です。

国道の鷲別橋から、グラスグリーンがけっこう見立ちます。

向こうには鷲別岬、そして太平洋です。

 反対側は2階事務所への階段があり、工場は倉庫へ繋がります。

半分から上部はペンキ屋さん、下部は澤田さんが塗って完成‼

 

河口に住んでいるので潮風をまともに受け、錆もひどかったのですが、

すっかりきれいになってバリバリ仕事に打ち込めそうです 

 

 

 

 

category : 近況 author : 大住 美春

映画 ”大怪獣のあとしまつ” 机上名札を美術協力致しました。

2022年2月4日 松竹と東映による初の共同作品映画『大怪獣のあとしまつ』が公開されました。

劇中の机上名札を美術協力致しました。

この度の台木は北海道栓木(ハリギリ)を使用し、サンドブラスト加工の浮彫仕上げです。

栓木は木目もさることながら狂いが少なく光沢の美しい高級材で、建築材の他、家具や器具、彫刻材として。

北海道の歴史を見ると小樽のニシン御殿の大梁やアイヌ民族の丸木船の材料としても重宝されていたのですね。

 

映画やTVドラマの美術協力は、シナリオがほぼ出来上がった段階での制作となります。

公開のほぼ2年前、撮影に入る前です。TVドラマは、ほぼ半年から3ケ月前に依頼されることが多いです。

 

出来上がりのイメージを作成、ここまでが一番時間がかかります。

特注サイズが多いので台木の選別からはじまり、書体を変更したり、時には名前そのものの変更も(^o^;。

 

イメージが決定すると、後はいつも通りの作業展開となり7~10日ほどで完成となります  

 

下記のような撮影現場のお写真をいただけるので当社の宣伝にも活用させていただいております。

ありがとうございます  

 

作中の総理大臣役は西田 敏行さん。西田さん演じる役の机上札は『新解釈 三国志』以来の2札目です。

ますます活躍していただきたい役者さん!。

池中玄太80キロ もしもピアノが弾けたなら 大好きです

 

  

ありがとうございました 

 

 

 

 

category : 近況 author : 大住 美春

机上名札贈答品 令和元年

登別の阿波銘木です(^-^)/。

 

昇進・栄転など、リーダーに相応しいプレゼントとしてご愛好いただいております当社の自信作、机上名札でございますが、

今日は、取引上とてもお世話になった方へ、感謝とおめでとうを込めてプレゼントさせていただいた机上札を紹介させていただきます。

所長様の了承を得て、当ブログにて紹介させていただきます。

有難うございます。

 

大手運送会社の、当社地区担当ドライバーだった彼は(ロゴで判ってしまいますが(汗...)見る間にその頭角を現し、

北海道の空の玄関に近い、営業所所長に昇格されました。

登別よりずっとずっと大きな市の営業所です。

私にとっては息子のような若い青年で、何よりも営業ドライバーと銘打つに相応しい対応と処理能力を持ち合わせていましたから、

当然の事だと思いながらも、その昇格の速さに喜びもひとしおでした。

*~ おめでとう!!~*

デザインは、年齢的にもシンプルで、それでいて風格のある机上札を考えまして、会社名を入れずにロゴだけを使用しました。

ロゴは勝手にサイトから画像を拝借し、データー化させていただきました(すみません<(_ _)>)。

 

北海道産 朴(ホオ)材、レーザー彫刻仕上げ机上名札です。

 

朴(ホオ)材は、木目が控えめで、柔らかく落ち着いた色合いが特徴です。

シンプルで若々しく仕上げたかったので、こちらの材料で作成致しました。

付け加えますと朴材は、特注の表記札や杵の頭部などに使用しております。

 

裏面には 桜の国花と令和元年。

4月以降は裏面に元号を希望されるご注文が多いので

下記のデザインを提案させていただいております。

品格を感じさせるとても良い記念になりました!。

 

ますます活躍されますよう応援していますっ (・◇・)ゞ。

心よりほんとうにおめでとうございます!!

 

 

 

 有難うございました。

  

 

   

category : 商品紹介 author : 大住 美春

平成記念文字無料彫刻! 木製表札・机上名札

登別の阿波銘木、大住です。

 

青色申告も終わり、窓から差し込む春色の光りにホっとしながら、ふと気が付くと3月。

”平成”がまもなく終わるのですね。

 

木製品を製作していますと、記念日などには元号を使用するご注文が多いのですが、

表札や机上札を作成しながら、裏面に”平成”を刻むと、平成という時代の記念になるのでは?と思い立ちました。

ただ”平成”では味気がないので、春に相応しい、しかもこの優しく愛らしい花は日本の国花、季節は春。

早速試作してみました。

 

 なんと言うか、威厳さえ漂う雰囲気になりました。

 

机上名札ですとこうなります ↓ 

 

表札ですとこうなります ↓

  

 

 

社員と話し合った結果、こちらの記念文字は、これまでお客様から頂いたたくさんのお礼の言葉を還元させていただくつもりで無料彫刻としました。

   

期限は4月20日18時まで。木製机上名札木製表札に限り、ご注文商品の裏面に無料彫刻いたします。

お申し込み方法は、カート内備考欄に”平成記念”とご記入ください。

または、ご注文商品ページのFAXをプリントされて、項目の・要・不要 にチェックを入れて送信してください。

商品は、出来上がりのイメージを確認していただき作成に入ります。

 

どうぞご利用くださいませ。

有難うございます。

 

 

 

 

category : 商品紹介 author : 大住 美春

風水では浮彫りが良いらしい。

登別の阿波銘木です(^-^)/。

お客様がおっしゃるには、風水では浮彫りがいいらしいんですね^^。

と、いうことで、今日は、浮彫表札の写真を何点かUPしてみました。

 

表札No,23  木製 神代 浮彫  文字白塗り

 

表札No,22   木製 一位 浮彫 文字黒塗り ライン白塗り

 

表札No,16   木製 桜 浮彫 文字黒塗り

 

表札No,15  木製 槐 浮彫  文字白塗り

 

表札No,257   セラミック 漢字浮彫り ローマ字彫込み

 

表札No,77  タイル浮彫り 赤い実ふくろう↓ 木製表札を凌ぐ人気となっております^^。

 

有難うございました<(_ _)>

 

 

 

 

 

category : 商品紹介 author : 大住美春
カテゴリー
最新記事
アーカイブ
カテゴリー
最新記事
アーカイブ
facebook
Twitter
TOPへ戻る